コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙陀調 サダチョウ

大辞林 第三版の解説

さだちょう【沙陀調】

雅楽の調子の一。壱越いちこつ調の枝調子といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の沙陀調の言及

【調子】より

…六調子は五行説と結びついて,四季に配されたり,葬儀には盤渉調の曲を用いるなどのこともある。 以上のほかに,枝調子(えだちようし)という概念があり,黄鐘調で箏を呂に調弦するものを水調(すいちよう)といったり,壱越調の中の特定の曲を沙陀調(さだちよう)とするなどがそれである。 高麗楽には三調子と総称する高麗壱越調,高麗平調,高麗双調がある。…

※「沙陀調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沙陀調の関連キーワードいちこ枝調子六調子陵王雅楽

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android