コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主音 しゅおんkey-note; tonic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主音
しゅおん
key-note; tonic

楽曲に使用される音階旋法の中心となる音。長・短調による調性音楽においては,調性を決定し,その上に音階を形成するある調の第1の音。ドイツ語トニカ Tonikaともいわれる。この音により曲の終止がなされる場合が多い。ラモーにより初めてこの言葉 (tonique) が用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

主音【しゅおん】

トニカ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅおん【主音】

西洋の調性音楽で、音階の第一音。調性の基礎となり、各調はこれによって決定され、この音名で呼ばれる。「ハ長調」など。トニカ。キーノート。トニック。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主音の関連キーワード導音 [ leading note, leading tone]キー・ノート[key note]トニック[tonic]ジョージ イジャートン調(音楽理論用語)主音[tonic]太食調・大食調二重音声放送I度のコードシュネラーオルガン点音度記号階名唱法無調音楽トニック二重母音副音声黄鐘調沙陀調大落し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android