主音(読み)シュオン(英語表記)key-note; tonic

デジタル大辞泉 「主音」の意味・読み・例文・類語

しゅ‐おん【主音】

音階の第1音。音階の基礎となる音で、「ハ長調」のように各調はこの主音の音名をとってよばれる。主調音キーノート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「主音」の意味・読み・例文・類語

しゅ‐おん【主音】

  1. 〘 名詞 〙 西洋音階におけるそれぞれの調の第一音。調や調名をきめる最も主要な音で、通常楽曲はこの音で終止することが多い。邦楽では「宮(きゅう)」がほぼこれに当たる。トニカトニック。キーノート。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「主音」の意味・わかりやすい解説

主音
しゅおん
key-note; tonic

楽曲に使用される音階や旋法中心となる音。長・短調による調性音楽においては,調性を決定し,その上に音階を形成するある調の第1の音。ドイツ語でトニカ Tonikaともいわれる。この音により曲の終止がなされる場合が多い。ラモーにより初めてこの言葉 (tonique) が用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「主音」の意味・わかりやすい解説

主音【しゅおん】

トニカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android