主音(読み)しゅおん(英語表記)key-note; tonic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「主音」の解説

主音
しゅおん
key-note; tonic

楽曲に使用される音階旋法の中心となる音。長・短調による調性音楽においては,調性を決定し,その上に音階を形成するある調の第1の音。ドイツ語でトニカ Tonikaともいわれる。この音により曲の終止がなされる場合が多い。ラモーにより初めてこの言葉 (tonique) が用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「主音」の解説

しゅ‐おん【主音】

〘名〙 西洋音階におけるそれぞれの調の第一音。調や調名をきめる最も主要な音で、通常楽曲はこの音で終止することが多い。邦楽では「宮(きゅう)」がほぼこれに当たる。トニカ。トニックキーノート。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主音」の解説

しゅ‐おん【主音】

音階の第1音。音階の基礎となる音で、「ハ長調」のように各調はこの主音の音名をとってよばれる。主調音。キーノート。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android