コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

没線描法 ボッセンビョウホウ

デジタル大辞泉の解説

ぼっせん‐びょうほう〔‐ベウハフ〕【没線描法】

日本画の技法の一。輪郭を線で明瞭にかき表さないもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼっせんびょうほう【没線描法】

日本画の技法の一。輪郭を、線で明瞭にかき表さないもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の没線描法の言及

【明治・大正時代美術】より

…彼らは西洋画の造形方法である写実表現と正面から対決し,伝統的な線描を用いずに色彩のみによって濃淡の調子を整え,空気や光線を表現する新しい描法を生み出した。ただし,この新たな没線(もつせん)描法は揶揄をこめて朦朧(もうろう)体,縹緲(ひようびよう)体と呼ばれた。しかし日本美術院の新美術運動は京都の日本画家に大きな刺激を与え,菊池芳文(1862‐1918),竹内栖鳳,山元春挙(1871‐1933)らも西洋画の写生をとり入れ,日本美術院に呼応して新機運の打開に努めることとなる。…

※「没線描法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

没線描法の関連キーワード横山大観菱田春草日本画

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android