コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河岸八町米仲買 かしはっちょうこめなかがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河岸八町米仲買
かしはっちょうこめなかがい

江戸時代の米問屋をいう。江戸日本橋付近の米河岸八町,すなわち表河岸,長屋,七軒 (以上本船町) ,上伊勢,下伊勢 (以上伊勢町) ,小網町,小舟町,堀江町に軒を並べて居を定めていた米仲買商仲間。元禄年間 (1688~1704) にはその数は 140軒をこし,江戸米商界に大勢力をもち,幕府用達をつとめるものもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の河岸八町米仲買の言及

【搗米屋】より

…このほか搗米を営むものとして大道搗が,1727年(享保12)当時1100人ほどいた。搗米屋,大道搗はともに玄米を河岸八町米仲買(25人),脇店八ヵ所組米屋(275人)から買い入れ,白米にして消費者に売っていた。消費者への米の販売は,河岸八町米仲買と脇店八ヵ所組米屋が玄米を,搗米屋が白米を売ること以外にはできなかった。…

※「河岸八町米仲買」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河岸八町米仲買の関連キーワード江戸時代搗米屋

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android