コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野愛子 こうの あいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野愛子 こうの-あいこ

1922-1989 昭和時代後期の歌人。
大正11年10月8日生まれ。昭和21年「アララギ」に入会,結核のため療養生活をおくる。26年近藤芳美の「未来」創刊に参加。57年「リリヤンの笠飾」で短歌研究賞。58年「黒羅」で現代短歌女流賞。平成元年8月9日死去。66歳。栃木県出身。広島女学院高女卒。歌集に「魚文光」など。
【格言など】魚ひとつ油に揚げて吾はをりとこしへに一人住む如くして(「草の翳(かげ)りに」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野愛子の関連キーワード小島ゆかり河野 愛子リリヤン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android