コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通秀 こうの みちひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通秀 こうの-みちひで

?-? 鎌倉時代の武将。
祖父通信,伯父通政とともに京都にでて,西面の武士となり院庁につかえる。承久(じょうきゅう)の乱(1221)では後鳥羽(ごとば)上皇方に属して京都の防衛にあたるが,敗れて伊予(いよ)(愛媛県)に帰郷。鎌倉幕府方に反抗をつづけるが,捕らえられ配流されたという。号は得能冠者。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野通秀の関連キーワード蓬莱山人帰橋鎌倉時代

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android