コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院庁 いんのちょう

6件 の用語解説(院庁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院庁
いんのちょう

上皇の政務を司る場所。永観2 (984) 年円融上皇によって設置されたのが最初である。初めは王臣家の家政機関である政所と同じであったが,院政が始るとその執行機関となり,院政の進展に従って院庁も拡大強化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いん‐ちょう〔ヰンチヤウ〕【院庁】

院の庁

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

院庁【いんのちょう】

院司(上皇法皇・女院(にょいん)・後院(ごいん)などに仕えて院中の諸事をつかさどる職員)の役所をいうが,狭義には院政をとる上皇の政務機関のこと。
→関連項目院宣西面の武士別当

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんのちょう【院庁】

上皇に付属する家政機関。別当以下の院司(いんし)がその職員で,院庁下文(くだしぶみ),院庁牒などがその発給文書である。宇多上皇の院中にみえる〈院庁雑色〉がその初見で,円融上皇のとき院庁始が行われたことも記録に見える。院政が開始されるや,執政の上皇の院司は強大化し,後白河院政以降は,院庁が国政運営の一端を担った例もあるが,それでも院政の中心機関となることはなかった。ことに文献上の用例では〈院庁〉の語は限定した意味に用いられることが多く,院司機構のなかで,別納所などの分課的な機関に対し,別当―判官代―主典代の系列のもとで,院中の雑務を執行する下級庶務機関を指した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんちょう【院庁】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院庁
いんのちょう

上皇や女院に付属して院中の諸務を処理する役所。とくに主典代(しゅてんだい)(庁年預(ちょうのねんよ))の管する下級庶務機関に限定した用例も多い。宇多(うだ)上皇の院中に「院庁雑色(ぞうしき)」がみえるのは、その存在を示す早い例である。譲位後または女院号宣下(せんげ)後の吉日を選んで院庁始(はじめ)すなわち開庁式を行う。院政開始以後、政務をとる上皇の院庁はとくに拡充され、しだいに国政にも関与し、その発行する院庁下文(くだしぶみ)、院の牒(ちょう)の権威も高まった。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院庁の関連キーワード院司院の庁寓宗女別当渡り領院の庁下文地方行政機関指定地方行政機関行政機関個人情報保護法四課

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院庁の関連情報