コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油障子 アブラショウジ

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐しょうじ〔‐シヤウジ〕【油障子】

雨などを防ぐため油紙を張った障子。雨障子(あましょうじ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶらしょうじ【油障子】

油をひいた紙を用いた障子。雨のかかる所に使う。雨障子あましようじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の油障子の言及

【油紙】より

…これを表にして裏に薄布を合わせた防水衣を桐油合羽(とうゆがつぱ)と名づけて古くから外出着に用い,ただ厚紙のみのものは油単(ゆたん)と呼ばれて荷物の雨覆いに用い,雨傘には必ず用いられた。また雨よけの障子に張って油障子と呼び,現に歌舞伎の舞台に見る《吉例寿曾我》対面場のしとみ障子,《鬼一法眼三略巻》菊畑の花壇の覆いなどがそれである。代用としてはダイコンのしぼり汁が古くから利用され,これを霧にして吹きかけると,障子紙が強くなって,たいていの雨には破れないといわれた。…

※「油障子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

油障子の関連キーワードキュウリ(胡瓜)中島 駒次中島駒次大市茄子温床

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android