コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沿大陸地向斜 えんたいりくちこうしゃparaliageosyncline

岩石学辞典の解説

沿大陸地向斜

沿岸の地向斜で,例えばメキシコのガルフ(Gulf)湾の北岸に沿った第三紀の堆積層で,いわゆるガルフ地向斜(Gulf geosyncline)がある[Kay : 1945, Aubouin : 1965].一種のミオ地向斜で,現在の大陸に沿った,まっすぐで曲っていない地向斜[Kay : 1945].造山運動を受けて半ば固化あるいは固化を完了した後に正地向斜があった帯に生じた地向斜で,現在の大陸の周辺に発達する地向斜,海岸平野の下の堆積区に移化する[木村ほか : 1973].ギリシャ語のparaliosは海に近いの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android