コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉盈之進 いずみ えいのしん

1件 の用語解説(泉盈之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉盈之進 いずみ-えいのしん

1904-1983 大正-昭和時代の社会運動家,医師。
明治37年1月2日生まれ。東京歯科医学校(現東京歯大)在学中,賀川豊彦の影響をうける。医学校中退後,独学で歯科医となり,大正13年馬島僴(まじま-ゆたか)の労働者診療所開設に協力。昭和4年共産党に入党,四・一六事件で検挙される。20年解放運動犠牲者救援会の再建に参加した。昭和58年9月13日死去。79歳。北海道出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

泉盈之進の関連キーワード赤神良譲足鹿覚伊串英治井之口政雄弥永貞三北原亀二長谷川良信羽生三七福武直藤井哲夫

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone