コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀川豊彦 かがわ

10件 の用語解説(賀川豊彦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

賀川豊彦

大正・昭和期のキリスト教社会運動家。賀川純一の子。兵庫県の人。プリンストン大学卒。中学時代に洗礼を受け、路傍伝導を始める。アメリカに留学、帰国後神戸で馬島僴の協力を得て無料巡回診療を始める。世界連邦運動に参加する。小説『死線を越えて』は代表作。昭和35年(1960)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

賀川豊彦

1888~1960年。幼少時に両親と死別。16歳の時に徳島市のキリスト教会で洗礼を受け、1909年に21歳で神戸に移り、貧しい人の救済に乗り出す。関東大震災での活動は日本のボランティア活動の原点と言われ、農民運動協同組合運動にも携わった。自伝的小説「死線を越えて」がベストセラーになり、47、48年にノーベル文学賞、54年から3年間はノーベル平和賞の候補にもなった。

(2012-03-13 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがわ‐とよひこ〔かがは‐〕【賀川豊彦】

[1888~1960]キリスト教伝道者・社会運動家。兵庫の生まれ。神戸市北本町の貧民街で伝道を開始。労働争議農民運動協同組合運動を指導。著「死線を越えて」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

賀川豊彦【かがわとよひこ】

社会運動家,日本近代の代表的キリスト者の一人。神戸市生れ。明治学院,神戸神学校,米国のプリンストン大学を卒業。神戸神学校在学中から貧民窟伝道に努めた。イエスの愛を自ら献身して実践しようとし,神戸川崎・三菱両造船所の労働争議(1921年)の指導,東京本所のセツルメントなど,終生清貧に甘んじつつ,労働運動,農民運動,協同組合運動,平和運動に先駆者的な役割を果たした。
→関連項目ベストセラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀川豊彦 かがわ-とよひこ

1888-1960 大正-昭和時代の牧師,社会運動家。
明治21年7月10日生まれ。神戸神学校在学中にキリスト教伝道活動にはいり,まずしい人々の救済につくす。大正8年友愛会関西労働同盟会の結成に参加。川崎・三菱造船所争議など労働組合運動,農民組合運動で活躍。のちふたたび布教活動にしたがう。戦後は社会党の結成に参加。また世界連邦運動にもかかわった。昭和35年4月23日死去。71歳。兵庫県出身。小説に「死線を越えて」「一粒の麦」など。
【格言など】すべての生命は元素に復帰し,そして原子は不滅である(遺書)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

賀川豊彦

没年:昭和35.4.23(1960)
生年:明治21.7.10(1888)
明治末から昭和期の社会運動家。神戸市に生まれ,不遇な家庭環境と病身の苦難の中でキリスト教信仰に入り,明治44(1911)年に神戸神学校を卒業。在学中から神戸市のスラム街に住んで伝道と救済活動に当たる。のち大正9(1920)年に刊行された自伝的小説『死線を越えて』は賀川のスラムでの活動を著名にし,活動資金源となるほどのベストセラーとなった。プリンストン大学留学(1914~17)中に労働運動にふれ,帰国後友愛会に参加。関西地方の労働者に強い影響力を持つようになり,10年の川崎・三菱造船所争議を指導するなど活躍した。争議後は労働運動の指導を離れ,11年に杉山元治郎と共に日本農民組合を結成。15年の労働農民党の結成で中央委員となるが,分裂後は一線から退いた。同年神の国運動を開始し,宗教活動を中心とするようになる。敗戦後は東久邇内閣の参与,貴族院議員となり,日本社会党結成にも関与,また世界連邦運動を推進した。<著作>『賀川豊彦全集』<参考文献>横山春一『賀川豊彦伝』,隅谷三喜男『賀川豊彦』

(有馬学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かがわとよひこ【賀川豊彦】

1888‐1960(明治21‐昭和35)
社会運動家,近代の代表的キリスト者のひとり。神戸に生まれ,徳島中学在学中,アメリカ人宣教師より洗礼を受けた。明治学院,神戸神学校で学び牧師となる。神学生時代に神戸市葺合の貧民窟に住みこんで伝道を始めたが,プリンストン大学に留学した後も貧民窟にもどった。1920年ベストセラーになった小説《死線を越えて》を出版して有名になる。21年の川崎・三菱神戸造船所争議を指導して労働運動で活躍。関東大震災のあと東京に移り本所にセツルメントを開き救済活動をはじめ各種の社会事業をおこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かがわとよひこ【賀川豊彦】

1888~1960) 牧師。兵庫県生まれ。神戸の貧民街で伝道をはじめ、その後、労働運動・農民組合・生協活動の指導に当たる。自伝的小説に「死線を越えて」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賀川豊彦
かがわとよひこ

[生]1888.7.12. 神戸
[没]1960.4.23. 東京
キリスト教伝道者。社会運動家。 1903年徳島中学時代,宣教師 H.W.マイヤーズより受洗。 07年明治学院神学予科修業後,神戸神学校に入学したが肺結核となり療養。 09年神戸新川で極貧の人々とともに生活しながら伝道。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賀川豊彦
かがわとよひこ
(1888―1960)

キリスト教社会運動家。明治21年7月10日、神戸市生まれ。幼年期に両親と死別。徳島中学4年のとき洗礼を受ける。明治学院高等部神学予科2年修了後、神戸神学校に転校し、1911年(明治44)卒業。在学中から伝道に従事、1909年21歳のときから神戸市葺合(ふきあい)の貧民窟(くつ)に住み込み、妻はる(1913年結婚)とともに貧民救済にあたった。1914年(大正3)プリンストン大学およびプリンストン神学校に留学。滞米中ニューヨークで労働者のデモ行進に遭遇、またユタ州で書記として小作人組合の運動を直接指導、その経験から運動の必要を痛感した。17年帰国してふたたび葺合の貧民窟に入り、23年関東大震災救援のため東京へ移住するまで、ここを根拠地とした。帰国直後から友愛会神戸市連合会の活動に参加、1919年には鈴木文治(ぶんじ)らと友愛会関西労働同盟会を結成した。21年には神戸の川崎、三菱(みつびし)両造船所の大争議を指導し投獄された。争議敗北後は合法主義、非暴力主義に立つ賀川に対する批判が強まり、労働運動の第一線から退くが、22年には杉山元治郎(もとじろう)らと日本農民組合を結成した。さらに24年には政治研究会執行委員、26年には労働農民党中央委員となるが、その分裂後は無産政党運動からは身を引いた。一方、1920年に出版された自伝的小説『死線を越えて』は大ベストセラーとなり、その他の著作も伝道活動と相まって広く読まれた。賀川は農民伝道のために農村福音(ふくいん)学校を開くほか、関東大震災に際しての罹災(りさい)者救済活動、救らい活動、都市消費組合運動、医療組合の組織、農村産業組合運動など、キリスト教的贖罪(しょくざい)愛の実践としてさまざまな社会事業、社会運動に力を注いだ。また、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中国、朝鮮、オーストラリアなど世界伝道を精力的に行った。41年(昭和16)日米戦争の急迫に際してはキリスト教平和使節団の一員として渡米。40年、43年には反戦論の嫌疑で憲兵隊に拘置された。戦後は東久邇稔彦(ひがしくになるひこ)内閣の参与となって「一億総懺悔(ざんげ)運動」を提唱。貴族院議員に勅選され、日本社会党の結成にも参加した。その後世界連邦運動に活躍した。昭和35年4月23日死去。[北河賢三]
『横山春一著『賀川豊彦伝』(1950・新約書房) ▽賀川豊彦全集刊行会編『賀川豊彦全集』全24巻(1962~64・キリスト新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の賀川豊彦の言及

【木崎村小作争議】より

…農民組合長佐藤三代松が責任を痛感して自刃したため,立入禁止は一時解除されたが,真島らはこの解除と前後して耕作禁止・土地返還・小作料請求の訴訟をおこした。農民側は,三宅正一,賀川豊彦らの講師を招き啓蒙活動をおこなうなどして組織を拡充強化したが,26年4月には地主側の勝訴となる。これに対し,立入禁止の仮執行停止を求める農民側の申請が許可されるが,その数時間前の5月5日夜,執達吏・警察・地主による立入禁止が強制執行され,警察は農民側を激しく弾圧して佐藤佐藤治ら数十名を検束した。…

【昆虫記】より

…しかしシートンの《動物記》が,その科学的観察の背後に,擬人的英雄主義のひずみを蔵しているのにくらべ,《昆虫記》には擬人主義をつとめて修辞的擬人法の範囲内にとどめようとする努力が見られ,その点,本書の科学書としての価値を過小評価してはならない。 なお,ファーブルを日本に最初に紹介したのは賀川豊彦であり(大正初期),《昆虫記》の邦訳は大杉栄によるものが最初である。【林 達夫】。…

【産業民主主義】より


[日本の産業民主主義]
 第2次大戦前には労働運動は厳しい取締りのため伸び悩んだが,大正デモクラシーの高揚に支えられて第1次大戦直後に普選運動と結びついて活動を広げた。そのなかで賀川豊彦らの指導のもとで団体交渉権と工場委員会制の獲得を目ざす運動が,欧米の産業民主主義思想を導入しながら進められたが,1921年(大正10)の三菱神戸・川崎造船所争議の敗北によって終息した。第2次大戦後の労働組合運動は,〈経営民主化〉をスローガンとして経営に対する労働者の発言権を飛躍的に拡大し,産業民主主義の運動目標をほとんど実現したが,経済再建過程で経営権が復活すると大幅に後退した。…

【死線を越えて】より

賀川豊彦の長編小説。1920年(大正9)《改造》に途中まで連載の後,改造社より刊行。…

【全農】より

…1947年7月,日本農民組合第2回大会で除名された平野力三らが,反共・反ファッショ・反資本主義の三反主義を標榜して結成した。会長賀川豊彦,顧問に杉山元治郎と平野を擁し,農産物価格,税金,供米などを闘争課題とし,農業協同組合設立促進運動もおこなった。社会党右派の農民組織としての性格をもち,58年の全日本農民組合連合会(全日農)の結成には参加したが,60年,日本社会党から民社党が分裂したため,全農系の人々は全日農から脱退して全国農民同盟を創設した。…

【日農】より

…大正期以後,3次にわたって日本農民組合と称する全国的農民組織が結成され,いずれも日農と略称する。(1)日本最初の全国的農民組合組織 1922年4月9日,賀川豊彦,杉山元治郎,山上武雄,古瀬伝蔵らを指導者として神戸で創立。杉山を組合長とし,機関紙《土地と自由》を発刊した。…

【農民運動】より


[戦前]
 第1次大戦による日本資本主義の急激な膨張を背景に,地主・小作間の矛盾は各地で顕現し,小作争議件数は,1918年250件,20年408件と年々増勢した。この高揚のなかで,21年10月には賀川豊彦杉山元治郎らが中心となって農民組合の全国組織を計画,翌22年4月9日,神戸で日本農民組合(組合長杉山)が創立された。日農が結成されると下部組織は西日本を中心に急速に広がり,岡山,大阪,兵庫,香川などでは日農の指導のもとに大規模で激しい農民運動が展開した。…

※「賀川豊彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

賀川豊彦の関連キーワード社会運動運動家淺沼稲次郎近藤真柄伊串英治浦田武雄緒方貞代鈴木楯夫永江一夫古家実三

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賀川豊彦の関連情報