コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法王庁宮殿 ほうおうちょうきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほうおうちょうきゅうでん【法王庁宮殿】

フランス南東部のプロバンス地方の古都アビニョン(Avignon)旧市街、レプブリック通りに続く時計台広場に面して建つ宮殿。アビニョン(Gare Avignon)駅から約3kmの場所にある。1303年にフランス王フィリップ4世と教皇ボニファティウス8世の対立が表面化し、1309年にクレメンス5世がアビニョンを居城に定めて以来、1377年までアビニョンがローマ教皇庁所在地となった。◇これは「アビニョン捕囚」と呼ばれている。この間、7人の法王の住居となった法王庁がこの法王庁宮殿である。規模の大きなゴシック様式の宮殿で、10基の塔がある外壁を巡らしている。1万5000m2という広大な敷地にシンプルな装飾の北の旧宮殿と豪華な装飾の施された南の新宮殿があり、25もの中庭がある。完成までに30年の歳月がかけられたといわれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

法王庁宮殿の関連キーワードアヴィニョン歴史地区ロシェデドン公園アヴィニヨン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android