コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法王庁宮殿 ほうおうちょうきゅうでん

1件 の用語解説(法王庁宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほうおうちょうきゅうでん【法王庁宮殿】

フランス南東部のプロバンス地方の古都アビニョン(Avignon)旧市街、レプブリック通りに続く時計台広場に面して建つ宮殿。アビニョン(Gare Avignon)駅から約3kmの場所にある。1303年にフランスフィリップ4世と教皇ボニファティウス8世の対立が表面化し、1309年にクレメンス5世がアビニョンを居城に定めて以来、1377年までアビニョンがローマ教皇庁所在地となった。◇これは「アビニョン捕囚」と呼ばれている。この間、7人の法王の住居となった法王庁がこの法王庁宮殿である。規模の大きなゴシック様式の宮殿で、10基の塔がある外壁を巡らしている。1万5000m2という広大な敷地にシンプルな装飾の北の旧宮殿と豪華な装飾の施された南の新宮殿があり、25もの中庭がある。完成までに30年の歳月がかけられたといわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法王庁宮殿の関連キーワードアプトエクサンプロバンスタンブランバントゥー山ムスチエサントマリーメネルブルールマランレボードプロバンスプロバンス風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone