法王(読み)ほうおう

大辞林 第三版の解説

ほうおう【法王】

仏法の王、すなわち釈迦のこと。法皇。
766年、称徳天皇が僧道鏡のために作り与えた官職。法皇。
法皇」に同じ。
教皇きようこう」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐おう ホフワウ【法王】

[1] 〘名〙
① 仏語。法門の王。仏法の世界の王。すなわち、仏の称。法皇。
※和漢朗詠(1018頃)下「皇甫謐が百王を述べたる なほ法王の道には暗かりき〈大江朝綱〉」 〔法華経‐譬喩品〕
② 天平神護二年(七六六)称徳天皇が僧道鏡に授けた称号。法皇。
※続日本紀‐天平神護二年(766)一〇月二〇日・宣命「詔曰、〈略〉太政大臣朕が大師に、法王の位授けまつらくと勅りたまふ天皇が御命を、諸聞食さへと宣る」
※中右記‐承徳元年(1097)四月二〇日「次参法王御所。晩頭帰宅」
④ 親王の唐名。〔運歩色葉(1548)〕
⑤ ローマ‐カトリック教会の最高の聖職。ローマ法王。法皇。教皇。
官板バタビヤ新聞(1862)文久元年九月二三日「以太利〈略〉法王の召に応じて羅馬に往しが」
[2] 閻魔大王(えんまだいおう)の別名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

法王の関連情報