波斯菊(読み)ハルシャギク

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

波斯菊 (ハルシャギク)

学名:Coreopsis tinctoria
植物。キク科の一年草,二年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ハルシャ‐ぎく【波斯菊】

〘名〙 キク科の一年草。北アメリカ原産で、観賞用に栽培される。高さ〇・五~一メートル。時に一五センチメートルぐらいの矮性種もある。葉は二回、羽状に全裂、各裂片は線形。初夏、茎の上部に数本の花茎を伸ばし、径二~五センチメートルの頭状花が咲く。周縁の舌状花は七~八個、黄色地に赤褐色の輪紋をもつものがふつうだが、全体が赤褐色のもの、八重咲のものなど変化も多い。そめものぎく。じゃのめそう。くじゃくそう。タリヤス。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android