コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波浪予報 はろうよほう wave forecasting

1件 の用語解説(波浪予報の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

波浪予報

波を起こしている代表的な風速・吹送距離連吹時間が想定出来る場合にはSMB法やPNJ法のような簡単な予報方法が用いられる。しかし、風速場の空間的 な違いや、その時間変化、さらには複雑な地形条件を考慮に入れ、正確な波浪を予報する場合には、風域内での波の発生・発達、風域外に出たうねりの振舞い、 沿岸域での屈折・回折の各段階について、大型計算機を用いた数値シミレーションが行われている。波浪場に働く外力として、風の中の乱れによる項、波により 大気中に生ずる変動を通して励起される項、波の成分波間の非線型相互作用による項、碎波を通してのエネルギー損失、特に浅海域での摩擦による減衰等を含ま せるが、それぞれの係数や簡略化の方式に従い、種々の予報方式が提唱されている。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波浪予報の関連キーワード瞬間風速代表的寝た子を起こす虫を起こすフル代表ポルチーニPNJ法(波浪予報)吹送距離連吹時間大また走法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone