コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣く子なす ナクコナス

デジタル大辞泉の解説

なくこ‐なす【泣く子なす】

[枕]乳を探り求めて泣く子のように、または、人込みにはぐれた親を求めて泣く子のように、の意から、「さぐり」に掛かる。
「里人の行きの集ひに―行き取り探り」〈・三三〇二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なくこなす【泣く子なす】

( 枕詞 )
泣く子のようにの意で、「慕ふ」「ねのみし泣く」「言ことだに問はず」「取りさぐり」にかかる。 「つれもなき佐保の山辺に-慕ひ来まして/万葉集 460」 「 -音のみし泣かゆ/万葉集 3627」 「名を問へど名だにも告らず-言だに問はず/万葉集 3336」 「 -行き取り探り梓弓/万葉集 3302

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone