コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣く子なす ナクコナス

デジタル大辞泉の解説

なくこ‐なす【泣く子なす】

[枕]乳を探り求めて泣く子のように、または、人込みにはぐれた親を求めて泣く子のように、の意から、「さぐり」に掛かる。
「里人の行きの集ひに―行き取り探り」〈・三三〇二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なくこなす【泣く子なす】

( 枕詞 )
泣く子のようにの意で、「慕ふ」「ねのみし泣く」「言ことだに問はず」「取りさぐり」にかかる。 「つれもなき佐保の山辺に-慕ひ来まして/万葉集 460」 「 -音のみし泣かゆ/万葉集 3627」 「名を問へど名だにも告らず-言だに問はず/万葉集 3336」 「 -行き取り探り梓弓/万葉集 3302

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

泣く子なすの関連キーワード行きの集ひ万葉集里人枕詞白縫

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android