山辺(読み)やまべ

精選版 日本国語大辞典「山辺」の解説

やま‐べ【山辺】

[1] 〘名〙 のほとり。山のべ。やまび。
万葉(8C後)一四・三四八九「梓弓欲良(よら)の夜麻(ヤマへ)の繁かくにろを立ててさ寝処払ふも」
源氏(1001‐14頃)椎本「の山へもわづかに色づきて」
[2] 奈良県北東部の郡名。名張川・布目川の流域にある。古くは「やまのべ」といい、「山野辺」とも書いた。

やま‐の‐べ【山辺】

[1] 〘名〙 (古くは「やまのへ」) =やまべ(山辺)
※万葉(8C後)一〇・二一四七「山辺(やまのへ)にい行く猟雄(さつを)は多かれど山にも野にもさ男鹿鳴くも」
[2] 奈良県北東部の山辺(やまべ)郡の古名。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

やま‐び【山辺】

※万葉(8C後)一四・三三五七「ゐる富士の夜麻備(ヤマビ)にわが来なば何方(いづち)向きてか妹が嘆かむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「山辺」の解説

やま‐び【山辺】

やまべ(山辺)」に同じ。
「霞居る富士の―に我が来なばいづち向きてか妹が嘆かむ」〈・三三五七〉

やま‐べ【山辺】

《古くは「やまへ」》山ののあたり。やまのべ。
[類語]山麓山裾裾野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「山辺」の解説

山辺 (ヤマベ)

動物。サケ科の淡水魚。ヤマメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

普及版 字通「山辺」の解説

【山辺】さんぺん

山の辺。

字通「山」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android