コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐保 サオ

世界大百科事典 第2版の解説

さほ【佐保】

奈良市中央部北方,佐保川上流一帯の総称。《日本書紀》に狭裒,匝布などとしてみえ,《万葉集》にはこの地を詠んだ歌が多い。このあたりには佐保大納言と呼ばれた大伴安麻呂の宅や長屋王の佐保宅(作宝楼ともいう)などがあり,奈良時代高官の邸宅のあったところと考えられる。また,奈良市街北方の丘陵地を佐保山というが,元正聖武天皇光明皇后藤原不比等・武智麻呂,大伴氏一族などが葬られており,奈良時代の葬地としては一等地であったらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さお【佐保】

さほ【佐保】

奈良市北部の地名。⦅歌枕⦆ 「 -過ぎて奈良のたむけに置く幣ぬさは妹いもを目離れず相見しめとそ/万葉集 300

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佐保の関連キーワード夫籠る・妻籠る・夫篭る・妻篭る・夫籠もる・妻籠もるアップアップガールズ(仮)初瀬川(はせがわ)ユニバーサル園芸社美里「佐俣の湯」石川郎女(3)兵庫県加東市社波多腰 ヤス大伴坂上郎女富士通周辺機大伴坂上大嬢花山院家賢摂関家渡領波多腰ヤス泣く子なす着り・服り恭礼門院佐保穀我栗本有規打ち渡す

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐保の関連情報