コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥の木/白楊 ドロノキ

デジタル大辞泉の解説

どろ‐の‐き【泥の木/白楊】

ヤナギ科の落葉高木。中部地方以北の湿地に自生。高さ約15メートル。雌雄異株。春、葉の出る前に雄花・雌花を穂状につける。名は、材がのように柔らかいことから。マッチの軸や細工物などに利用。でろ。どろやなぎ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どろのき【泥の木】

ドロヤナギの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

泥の木/白楊の関連キーワード神代 辰巳泥柳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android