コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥打祝 どろうちいわい

百科事典マイペディアの解説

泥打祝【どろうちいわい】

田植のとき,早乙女(さおとめ)同士の間で,あるいは新婚者,通行人に対して,田の泥をかけたり,泥のついた苗を打ちつけたりする風習。田植は神聖な労働で,田植の泥によごれることは神に繁栄を祝福されることであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone