コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引抜加工 ひきぬきかこう

2件 の用語解説(引抜加工の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

引抜加工【ひきぬきかこう】

金属材料を,先細りのダイス穴を通して引っ張り,所望の断面形状の細長い製品とする加工法。管,棒,線などの製造に適用。ふつう太物は熱間加工,細物は冷間加工する。
→関連項目塑性加工

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひきぬきかこう【引抜加工 wire drawing】

先細りのダイスに先づけした線を通し,その先端を引いて線径を減ずる加工法。線材の直径が小さいものの引抜きは伸線,線引き呼ばれる。この加工法は鍛造に次いで古くから行われていた。初めは軟鉄のブロックに穴をあけ,比較的軟らかい金属線に対して行われ,動力も人力または馬に引かせる力などが利用された。このブロックはたたきダイスと呼ばれるが,穴をあける際に穴の周縁部が加工硬化し,引抜き中の線径の保持などに役立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

引抜加工の関連キーワード嗾ける先太り先細先細り末細り細り細り節紺のだいなしフュゾープレイス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

引抜加工の関連情報