引抜加工(読み)ひきぬきかこう

百科事典マイペディアの解説

引抜加工【ひきぬきかこう】

金属材料を,先細りのダイス穴を通して引っ張り,所望の断面形状の細長い製品とする加工法。管,棒,線などの製造に適用。ふつう太物は熱間加工,細物は冷間加工する。
→関連項目塑性加工

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひきぬきかこう【引抜加工 wire drawing】

先細りのダイスに先づけした線を通し,その先端を引いて線径を減ずる加工法。線材の直径が小さいものの引抜き伸線,線引きと呼ばれる。この加工法は鍛造に次いで古くから行われていた。初めは軟鉄のブロックに穴をあけ,比較的軟らかい金属線に対して行われ,動力も人力または馬に引かせる力などが利用された。このブロックはたたきダイスと呼ばれるが,穴をあける際に穴の周縁部が加工硬化し,引抜き中の線径の保持などに役立っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android