洞調律(読み)ドウチョウリツ

デジタル大辞泉「洞調律」の解説

どう‐ちょうりつ〔‐テウリツ〕【洞調律】

上大静脈右心房の境界付近にある洞結節から発生する活動電位心房心室へと伝わり、心臓が1分間に60~80拍の心拍数で規則的に収縮する状態。正常な脈拍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android