コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞結節 ドウケッセツ

デジタル大辞泉の解説

どう‐けっせつ【洞結節】

心臓の右心房の上大静脈の開口部近くにある特殊な組織。一定のリズムで自動的に興奮する所で、その刺激が心臓全体に伝えられて心拍動が起こる。洞房結節

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞結節
どうけっせつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洞結節の言及

【刺激伝導系】より

…心臓は他の臓器と異なり,みずからの律動性によって絶え間なく,しかも順序よく(心房から心室へ)収縮と弛緩を繰り返し,血液循環を行っている。この律動の規則性は,右心房内大静脈開口部に存在するわずか1.5mm×0.5mmの心筋細胞の塊(洞房結節または洞結節という)の反復興奮のリズムにより調律されている。このように洞房結節は心臓の収縮,弛緩のリズム全体を決定しているので,歩調とりまたはペースメーカーpacemakerといわれる。…

※「洞結節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洞結節の関連キーワード老化にともなう循環器の病気と症状心臓のしくみとはたらき加齢による心臓の変化心臓ペースメーカー房室ブロック洞不全症候群徐脈性不整脈上室性頻拍症刺激伝導系洞結節不全メイズ法期外収縮房室結節心房細動心臓麻痺洞調律不整脈心電図上室徐脈

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android