コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山洋学資料館 つやまようがくしりょうかん

日本の美術館・博物館INDEXの解説

つやまようがくしりょうかん 【津山洋学資料館】

岡山県津山市にある資料館。昭和53年(1978)創立。江戸時代より津山で盛んだった洋学と学者たちを紹介する。箕作阮甫(みつくりげんぽ)・宇田川玄随(げんずい)らの資料を展示。
URL:http://www.tsuyama-yougaku.jp/
住所:〒708-0833 岡山県津山市西新町5
電話:0868-23-3324

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

世界大百科事典内の津山洋学資料館の言及

【津山[市]】より

… なお,津山は幕末から明治にかけて宇田川玄随,箕作阮甫(みつくりげんぽ),津田真道(まみち)らの蘭学者や啓蒙思想家を輩出した。その事績に関する資料が津山洋学資料館に収蔵されている。【柴田 一】。…

※「津山洋学資料館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津山洋学資料館の関連キーワード蘭学の宇田川家3代岡山県津山市川崎箕作阮甫旧宅津山(市)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津山洋学資料館の関連情報