コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋学 ようがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洋学
ようがく

江戸時代末期~明治初期に導入された西欧語学研究,およびそれらの外国語を通して学ばれた西欧の諸科学,技術あるいは西欧事情の研究とその知識の総称。江戸時代,鎖国時はもっぱら長崎を窓口としてオランダ語を通じて学問や技術を研究した蘭学が中心で,『解体新書』にみられるように実用主義的傾向が強かったが,ペリー来航以後,英語,ドイツ語フランス語の研究に移り,内容も次第に人文社会科学の分野が学ばれるようになった。洋学は,日本の近代国家発足の思想的文化的素地を支えるものではあったが,それは啓蒙的役割にとどまり,開国後新たに移入された欧米の諸科学に次第に取って代られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐がく〔ヤウ‐〕【洋学】

西洋の学問。西洋の語学。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

洋学【ようがく】

江戸〜明治初期,日本に移入されたヨーロッパの学問の総称。ポルトガルを通じてのいわゆる南蛮学(または蛮学),オランダを通じての蘭学,幕末の蘭・英・仏・独の各国語を通じた西洋の学問をいう。
→関連項目青木周蔵開成所古賀謹一郎国学(近世)島津斉彬修猷館西村茂樹藩学蛮社の獄箕作秋坪柳河春三渡辺崋山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようがく【洋学】

江戸時代に移植・研究された西洋学術の総称。西洋学術の移植・研究がはじまるのはキリシタン時代で,当時それは〈南蛮学〉または〈蛮学〉とよばれた。ポルトガル,スペインなどの南蛮国から渡来した学術という意味である。鎖国後,代わってオランダ系学術が,長崎のオランダ通詞を中心に学ばれるが,それもやはり,〈蛮学〉とよばれた。オランダ系西洋学術が〈蘭学〉という名でよばれるようになるのは,江戸でオランダ解剖書が翻訳され,蘭書に基づく本格的な西洋学術研究が開始されて以来のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようがく【洋学】

西洋の学問。江戸末期以降、蘭学を含めた西洋の学問全般をさしていった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洋学
ようがく

江戸時代後期を中心にして、西洋事情・西洋科学に関して行われた研究およびその知識の総称。西洋の学術・文化・技術の日本への伝来は、16世紀中ごろ、キリスト教の布教とともにポルトガル人、スペイン人によって始まったが、これは南蛮学、蛮学などとよばれた。やがて江戸幕府が鎖国政策をとったことにより、西洋の学術・文化は、日本への渡来を許された唯一の西洋の国オランダが長崎出島(でじま)に建てたオランダ商館を通じて、オランダ語を介して移入されることになり、これは蘭学(らんがく)とよばれた。鎖国政策が緩み、開国政策がとられた幕末期になると、オランダ人以外の諸外国人も渡来するようになり、イギリス・フランスなどの学術・文化が、それぞれの国の言語とともに渡来した。洋学ということばはこの時期以降に一般化した。洋学は自然科学・社会科学・人文科学の広い分野で西洋の知識・学問を移入するのに力を発揮したが、ことに英学が蘭学にかわって主要な地位を占めた。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の洋学の言及

【近世社会】より

…それに加わる条件を上述のなかから探ろう。その前に幕末の洋学の意味を経済の見地からみておこう。 幕末の洋学は軍事面と医学を中心とする。…

※「洋学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洋学の関連キーワード秋田県立秋田高等学校岡山県津山市川崎箕作 秋坪大槻 文彦沼津兵学校三崎 嘯輔赤松小三郎近藤 真琴市川 兼恭秋元正一郎手塚 律蔵広川 晴軒和学・倭学大槻磐渓洋書調所阿部正弘大学南校鳥居耀蔵寺地舟里古賀茶渓

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洋学の関連情報