コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津川雅彦 つがわ まさひこ

2件 の用語解説(津川雅彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津川雅彦 つがわ-まさひこ

1940- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和15年1月2日生まれ。4代沢村国太郎の次男。長門裕之の弟。芸能人一家にそだち,子役をへて昭和31年日活にはいり,「狂った果実」に主演。35年松竹の「太陽の墓場」などにでる。のちフリーとなり,「ひとひらの雪」「マルサの女」などに出演。48年朝丘雪路と結婚。マキノ雅彦の名で映画監督も。京都出身。文化学院短大卒。本名は加藤雅彦。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

津川 雅彦


芸名
津川 雅彦

性別
男性

生年月日
1940/01/02

星座
やぎ座

干支
辰年

血液型
O

出身地
京都府

身長
171cm

ブログタイトル
津川雅彦「遊び」ぶろぐ サンタ隠れ家

ブログURL
http://www.santanokakurega.com/

デビュー年
1956

職種
タレント・俳優・女優

趣味・特技
乗馬/茶道

プロフィール
祖父が“日本映画の父”といわれる牧野省三、兄が俳優の長門裕之、父方の叔父が加東大介、叔母が沢村貞子、母方の叔父がマキノ雅弘監督という文字通り芸能人一家に育つ。父である沢村国太郎主宰の劇団で幼少から子役として活動。1956年、16歳で映画『狂った果実』で本格的に俳優デビュー。1963年ごろから東映『次郎長三国志』(マキノ雅弘)や大映『江戸無情』(1963)、『舞妓と暗殺者』(1963)などに出演、翌1964年には松竹を離れてフリーとなり、芸術座を手はじめに舞台、テレビ、映画と活躍。1969年には黒木和雄の『キューバの恋人』に主演。二枚目のみならず悪役もこなせる俳優として地位を築く。1973年5月、朝丘雪路と結婚。中年期に入ってからは、『マルサの女』『スーパーの女』などの伊丹十三監督の作品に数多く出演するなどして、年相応の渋い中年役でも存在感を示した。そして、1998年の東映『プライド』で東條英機役を演じて日本アカデミー賞優秀主演男優賞。2000年にはNHK大河ドラマ『葵~徳川三代~』の徳川家康役で主演。TBSの人気シリーズサラリーマン金太郎』で建設会社会長の大和龍之介役を演じるなど、その存在感あるキャラクターは定評がある。2004年より東京フィルムセンター映画・俳優監督専門学校の名誉学校長を務める。

デビュー作
映画『狂った果実』

代表作品
映画『プライド・運命の瞬間』(1998) / NHK『大河ドラマ「葵・徳川三代」』(2000) / TBS『サラリーマン金太郎3』(2002)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津川雅彦の関連キーワード島田雅彦十津川郷津川〈町〉大久保雅彦香取正彦佐藤雅彦(1)佐藤雅彦(2)妹尾正彦富樫雅彦中村真彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津川雅彦の関連情報