津田又市(読み)つだ またいち

  • 津田又市 つだ-またいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
享保(きょうほう)(1716-36)末には江戸中村座の地謡(じうたい)のうたい手として知られ,のち2代中村清三郎,早川伝四郎,藤本斗文(とぶん),津打菅祈(つうち-かんき)らの助手として作者もかねた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android