コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本斗文 ふじもととぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤本斗文
ふじもととぶん

江戸時代中期の歌舞伎狂言作者。もとは3世沢村長十郎の門弟で沢村長作という役者。のちに作者に転向して沢村斗文となり,さらに藤本と改名。享保末から宝暦 (1735~55頃) にかけて江戸中村座で活躍。代表作は『初もとゆい通曾我 (はつもとゆいかよいそが) 』 (39) ,『男達初買曾我』 (53) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本斗文 ふじもと-とぶん

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
初代沢村宗十郎に入門,役者となるが,享保(きょうほう)の末ごろ沢村斗文と名のり作者に転じる。元文2年(1737)藤本と改姓し,立作者となる。脚色と趣向にたくみで,題名のつけ方にも工夫をこらした。宝暦中ごろまで江戸で活躍した。代表作に「男文字曾我物語」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤本斗文

生年:生没年不詳
江戸中期の歌舞伎狂言作者。作者でもあった初代沢村宗十郎門下で,初名沢村斗文。役者から作者となり,元文(1736~41)初年ごろ,藤本と改姓,立作者となる。『役者全書』や『戯財録』などに指摘するように,新奇な趣向や工夫をこらした作品が多い。寛延2(1749)年中村座上演の「男文字曾我物語」は2代目市川団十郎の助六で,このときの浄瑠璃「助六廓家桜」は「助六」の舞台様式の定型を作った。また宝暦3(1753)年中村座の「男達初買曾我」で3番目に初演されたのが「京鹿子娘道成寺」。他に「頼朝軍配鑑」「初花隅田川」「百千鳥曲輪曾我」などの当たり狂言がある。<参考文献>河竹繁俊『日本演劇全史』,守随憲治『歌舞伎序説』

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじもととぶん【藤本斗文】

歌舞伎作者。生没年不詳。はじめ初世沢村宗十郎門下の役者として出発,享保末年(1730年代前半)作者となり,宝暦(1751‐64)中ごろまで活躍した。《戯財録(けざいろく)》が〈外題を色々曲を付けし始め。仕組の名人〉と記すように,脚色や外題に工夫をこらし,新奇なものをねらった作風である。《初鬙通曾我(はつもとゆいかよいそが)》(1739)をはじめ作品は多いが,なかでも《男伊達初買曾我》(1753)は,台帳で残された狂言としては古いもので,演劇史上注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤本斗文
ふじもととぶん

生没年不詳。歌舞伎(かぶき)作者。名優初世沢村宗十郎(そうじゅうろう)門下として沢村斗文を名のり江戸・中村座に出勤。1737年(元文2)に藤本と改姓。2世市川団十郎のために筆をとり立(たて)作者としての地位を確立、『助六(すけろく)』の台本を完成させる。52年(宝暦2)に当時一世を風靡(ふうび)した大谷広次、中村助五郎の相撲(すもう)の狂言『赤沢山相撲日記(あかざわやますもうにっき)』を書くが、このころから俳優とトラブルをおこしたらしく、門人沢井注蔵の名前で狂言を書くようになり、宝暦(ほうれき)(1751~64)末に劇界を退き、明和(めいわ)(1764~72)末に消息を絶つ。台本は『男伊達初買曽我(おとこだてはつかいそが)』が今日まで伝わる。ほかに富本の『妹背鳥名所夕暮(いもせどりめいしょのゆうぐれ)』などを残す。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の藤本斗文の言及

【娘道成寺】より

…本名題《京鹿子娘道成寺(きようがのこむすめどうじようじ)》。作詞藤本斗文。作曲初世杵屋(きねや)弥十郎,杵屋作十郎。…

※「藤本斗文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤本斗文の関連キーワード中村清三郎(2代)歌舞伎(演劇)壕越二三治壕越二三次娘道成寺沢井注蔵高尾懺悔津田又市七つ面関羽景清

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android