コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田宜義(読み)つだ ぎぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田宜義 つだ-ぎぎ

?-? 江戸時代後期の和算家。
幕府銀座の役人。長谷川寛(ひろし)の高弟。天保(てんぽう)8年(1837)刊行した著作「算法地方(じかた)大成」は内田五観(いつみ)に批判され,幕府によって一時禁書とされた。江戸出身。本姓は秋田。初名は義一,義蕃。通称は十七郎,信助。号は鳳堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android