コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽の太鼓 つがるのたいこ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽の太鼓[祭礼・和楽器]
つがるのたいこ

東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。津軽の夏を彩る祭りであるねぷたには欠かせない太鼓。弘前の手工業製品である桶を用いる。一本の木をくりぬいた胴に、厚さ2mmに削った馬や牛のを張って仕上げる。皮の部分はすべて手作業でおこなわれるが、特に自然条件を考慮しながらの仕上げの工程が重要。津軽の太鼓は、細長い撥で叩くところが他の和太鼓と異なる。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

津軽の太鼓の関連キーワード東北地方弘前市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android