弘前(読み)ひろさき

精選版 日本国語大辞典「弘前」の解説

ひろさき【弘前】

青森県南西部の地名岩木川支流が網目状に広がる津軽平野南部にあり、北西方に岩木山を望む。江戸時代は津軽氏十万石の城下町として発達。明治以後第二次世界大戦までは旧日本陸軍第八師団司令部所在地。現在は弘前大学などのある学園都市。米作地帯と日本第一のリンゴ産地とを控えた農産物の大集散地。津軽塗・こぎん刺し・津軽焼特産。明治二二年(一八八九市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「弘前」の解説

ひろさき【弘前】

青森県南西部の市。もと津軽氏の城下町。第二次大戦前は第八師団が設置された。リンゴ栽培が盛ん。津軽塗こぎん刺しの産地。夏には、ねぷた祭りが行われる。平成18年(2006)2月、岩木町・相馬村と合併。人口18.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android