コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽ヒバ(読み)つがるひば

世界大百科事典 第2版の解説

つがるひば【津軽ヒバ】

青森県の西半分を占める旧弘前藩の領内に生い茂るヒバを称し,美林をなす。陸奥(むつ)ヒバとも青森ヒバともいう。秋田の杉林,木曾(長野県木曾郡一円)のヒノキ林とともに〈日本三大美林〉の一つとして知られている。本州最北端の津軽・下北両半島に密生するヒバ(正確にはヒノキアスナロ)の天然生林と,津軽藩の保護・造林施策によって今日あるヒバを主木とする針葉樹林の総称である。県東半の旧盛岡藩領内にもヒバは広く分布しているが,県内ヒバ林の大半は国有林に属している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる