津軽竹籠

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽竹籠[竹工]
つがるたけかご

東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。岩木山麓や八甲田山麓の根曲がり竹を使用する竹細工。江戸時代末期から庶民が使う生活の用具としてつくられてきた。他産地の竹細工と異なる六角目の大まかな編み目が特徴。丈夫で耐久性に優れ、りんご収果用の籠としても使われている。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android