根曲竹(読み)ネマガリダケ

精選版 日本国語大辞典の解説

ねまがり‐だけ【根曲竹】

〘名〙 イネ科クマザサ属の仲間。北海道、本州中部以北の深山に生える。稈は高さ約一~三メートル、径約一・五センチメートルで下部は弓形に曲がる。枝は節ごとに一本ずつ出る。葉は二~四枚ずつつき、長楕円形で長さ一五~三〇センチメートル、光沢があって無毛。小穂は集まって円錐状につく。竹の子は食用。ちしまざさ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根曲竹の関連情報