コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津野一輔 つの かずすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津野一輔 つの-かずすけ

1874-1928 明治-昭和時代前期の軍人。
明治7年1月28日生まれ。第五師団参謀などをへて寺内正毅(まさたけ)陸相(のち朝鮮総督兼務)の秘書官となり,韓国併合に関与する。陸軍士官学校長などをつとめ,大正12年中将に昇進,のち陸軍次官,近衛師団長。昭和3年2月24日死去。55歳。山口県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津野一輔

没年:昭和3.2.24(1928)
生年明治7.1.28(1874)
明治大正期の陸軍軍人。山口県出身。西南戦争(1877)で戦死した陸軍少佐津野成章の長男。約4年,主として寺内正毅陸相の下で秘書官を務める。大正12(1923)年中将に進み,13年から約2年半,宇垣一成陸相下の次官として「宇垣軍縮」に努める。

(山村義照)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

津野一輔の関連キーワード没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android