累進(読み)るいしん

精選版 日本国語大辞典「累進」の解説

るい‐しん【累進】

〘名〙
① しだいに進みのぼること。地位などがだんだんと上っていくこと。
日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「より累進して主君絡するまでに至る事」
江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉五「娘お雪を藩主に献じ其余光で七百石まで累進(ルヰシン)せるのみか」
数量や価格が増加するにつれて、それに対する割合も増加すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「累進」の解説

るい‐しん【累進】

[名](スル)
地位などが次々に進み、上位にのぼること。累遷るいせん。「若くして局長に累進する」
数量・価格などが増加するにつれて、それに対する比率が次第に増すこと。「累進課税」
[類語]栄進昇進昇格昇任栄達昇級昇段栄転出世立身特進格上げ利達進む功名立身出世成り上がり成り上がる身を立てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android