コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性汚泥槽 かっせいおでいそうactivated sludge tank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活性汚泥槽
かっせいおでいそう
activated sludge tank

一般下水や産業廃水中の有機汚染物質を水中の溶存酸素の存在下で活性汚泥と接触させて水を浄化させるタンク。一般に有機性物質を含む水域には,この有機質を基質として成育する (有機物を酸化分解する) 好気性細菌などの微生物集団 (活性汚泥) が存在する。水中の酸素は微生物の成育に必要なものであり,通常タンクの下部から細気泡として吹込まれることが多い。廃水中の有機質により微生物集団は増殖すると同時に相互に吸着し合ってフロック (凝集体) を形成し,フロックの一部は活性汚泥槽で循環使用され,増加した分は余剰汚泥として処理,処分される。標準活性汚泥法のほかに原液,空気などの供給法によってステップエアレーション法,コンタクトスタビリゼーション法など種々の変法がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

活性汚泥槽の関連キーワード曝気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android