コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好気性細菌 コウキセイサイキン

4件 の用語解説(好気性細菌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうきせい‐さいきん〔カウキセイ‐〕【好気性細菌】

酸素のある所で正常に生育する細菌。枯草菌結核菌酢酸菌など。好気性菌。⇔嫌気性細菌

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

好気性細菌

 酸素の存在下で発育する細菌.偏性好気性菌(obligate aerobe,strict aerobe)と通性嫌気性菌(facultative anaerobe)があり,前者は発育に酸素を絶対に必要とする細菌,後者は酸素があった方がよいがなくても発育できる細菌.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきせいさいきん【好気性細菌】

酸素が存在する所で正常に生育する細菌類。多くの細菌がこれに含まれる。枯草菌・酢酸菌・結核菌など。 ↔ 嫌気性細菌

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

好気性細菌
こうきせいさいきん
aerobic bacteria

酸素の存在下で正常な生活を営むことのできる細菌をいい、嫌気性細菌の対語。酸素がなければ絶対に生育しない細菌を偏性(絶対的)好気性細菌といい、ほとんどの植物や動物と同じように、酸素呼吸の生活に対応する呼吸系をもっている。好気性細菌の有気呼吸によって有機化合物が分解されるが、その呼吸基質となりうるものは、ほとんどの天然有機化合物といえる。この有機化合物を基質とした呼吸は、普通には完全酸化である。有機化合物の完全酸化における自由エネルギーの変化は、その化合物の嫌気的分解における自由エネルギーの変化よりもはるかに大きい。自然水系中に含まれる有機化合物は、おもに好気性細菌によって分解されるが、この作用を一般に自然浄化とよんでいる。この好気性細菌による好気的分解作用を応用したのが、廃水処理における活性汚泥法や散水濾床(ろしょう)法であり、活水を好気的に処理して汚染度を下げ、放流する。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone