コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流涎症 りゅうぜんしょうsalivation; ptyalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流涎症
りゅうぜんしょう
salivation; ptyalism

唾液の分泌が亢進した状態。口腔内の炎症薬物の作用,胃,肝臓膵臓子宮などからの反射刺激,神経症などが原因となって起るもので,24時間に1~1.5lの正常唾液分泌量が,流涎症では3~4l,ときには 10lにも達する場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

流涎症の関連キーワード黒かび病(ストロベリークローバ)黒かび病(クリムソンクローバ)黒かび病(アカクローバ)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android