流通市場(読み)リュウツウシジョウ

大辞林 第三版の解説

りゅうつうしじょう【流通市場】

すでに発行されている証券が売買取引される市場。証券取引所・店頭市場など。 → 発行市場

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の流通市場の言及

【証券市場】より

…すなわち,証券市場は金融市場の一環をなすということができる。
[種類]
 証券の最初の保有者を確定する取引を発行取引,第2番目以降の取引を流通取引といい,前者の行われる場を発行市場,後者の行われる場を流通市場という。これら両市場は証券市場の構成要素として対等の重要性を有し,両者相まって証券市場は後述するような経済的機能を果たすことができる。…

※「流通市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流通市場の関連情報