コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄念尼 じょうねんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄念尼 じょうねんに

?-? 鎌倉時代の尼僧。
時宗(じしゅう)。上野(こうずけ)(群馬県)新田郡徳川の武将世良田(せらだ)頼氏の長女。文永9年(1272)父が佐渡に流され死んだことを契機に,妹の浄院尼とともに出家し,満徳寺をひらいた。江戸時代に同寺は鎌倉東慶寺とならんで縁切寺として知られた。小角(こずみ)女房とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浄念尼の関連キーワード鎌倉時代尼僧時宗

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android