浄瑠璃素人講釈(読み)じょうるりしろうとこうしゃく

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりしろうとこうしゃく【浄瑠璃素人講釈】

義太夫節の芸論書。杉山茂丸(其日庵)著。1926年刊。1冊。政界の黒幕と目された杉山茂丸は義太夫節を熱愛した。竹本摂津大掾,3世竹本大隅太夫,絃阿弥から聞いた話をもとに,義太夫芸の伝承,とくに〈風(ふう)〉の追求を通じ,古典芸術としての地位を確立せしめようとした。全部で84段の浄瑠璃ごとに,風にふれつつ,逸話や実際の語り方を述べるうちに,義太夫の芸の本質を明らかにした。誤りも少なくないが,文楽の太夫や三味線,研究家などに絶大な影響をあたえた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android