黒幕(読み)クロマク

デジタル大辞泉の解説

くろ‐まく【黒幕】

黒い色の幕。特に、歌舞伎で、場面の変わり目に舞台を隠したり、道具の奥に掛けて背景代わりにしたりする木綿の幕。
表面には出ないで、指図をしたり、はかりごとをめぐらしたりする者。「政界の黒幕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くろまく【黒幕】

歌舞伎の黒幕暗転の意味に用いられたり,舞台上の人物を消すために黒布を垂らしたりすることから,身を隠して背後から画策して人を操作する者をいう。英語では同様の意味でwire‐puller(操り人形使い)という。黒幕的人物は社会のさまざまな領域に存在しているが,とくに問題となるのは政治の場であり,政治家や政治機関がその背後にいる公的な権限をもたない者の指図,圧力,勧告等によって動かされている場合に〈黒幕政治〉という表現がなされる。

くろまく【黒幕】

歌舞伎の舞台で使う黒一色の幕。黒木綿地で,主として夜の場面の背景に使用するほか,舞台装置の不必要な部分をかくしたり,小形のものは〈消し幕〉といって,舞台上の人物をかくして引込ませるために用いられる。近代演劇では〈暗転幕〉に多く使用。歌舞伎の約束では,黒は暗闇,見えないものを象徴している。これから派生して,〈政界の黒幕〉というように,表面に姿を見せない大物を示す一般語にもなっている。【松井 俊諭】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くろまく【黒幕】

黒色の幕。特に、歌舞伎で夜の場面や場面転換などのために用いるものをいう。
自分は表面に出ず、かげにいて、計画したり人に指図したりして、影響力を行使する人。 「政界の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒幕
くろまく

歌舞伎(かぶき)用語。大道具の一つ。全体を黒色に染め、舞台一面に張ることのできる大きさの幕である。多くは背景として後ろに張る。背景に黒幕が現れたときは、場面が夜であることを象徴している。古くは夜の戸外の情景を表す場合には、黒幕を張った前に重要な道具を並べるだけのものだったが、近年は幕切れに黒幕を振り落として背景を見せる演出が行われる。『鈴ヶ森(すずがもり)』や『宮島のだんまり』などはこのやり方である。また、舞台で死んだ役を消すために小さい黒幕で隠して引っ込ませることがあるが、これを「消幕(けしまく)」とよぶ。黒幕は黒衣(くろご)と同様に観客には見えないという約束で、転じて、表面にたたず陰で人物や事件を操る人物のことをいう。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒幕の言及

【歌舞伎】より

… 振落し(ふりおとし)瞬時に幕を上部から落とす手法。浅葱幕,黒幕などを〈振竹(ふりだけ)〉に吊り,仕掛けでパラリと落とすことにより,次の舞台面を印象づける。 幕外(まくそと)幕切れに,幕を引いた外側,おもに花道でさらに演技が続く状態をいう。…

※「黒幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒幕の関連情報