コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本摂津大掾 たけもとせっつだいじょう

7件 の用語解説(竹本摂津大掾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本摂津大掾
たけもとせっつだいじょう

[生]天保7(1836).3.15. 大坂
[没]1917.10.9. 兵庫
義太夫節の太夫。本名二見金助。初名南部太夫。万延1 (1860) 年2世竹本越路太夫を襲名。3世野沢吉兵衛,5世竹本春太夫,2世豊沢団平らの薫陶を受け,1883年文楽座紋下 (総座頭) に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけもと‐せっつだいじょう【竹本摂津大掾】

[1836~1917]義太夫節太夫。大坂の生まれ。本名、二見亀太郎、通称、金助。5世竹本春太夫に師事。初め南部太夫、のち2世越路太夫を襲名。明治36年(1903)摂津大掾を受領。美声家で、明治期の文楽を代表する名人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竹本摂津大掾【たけもとせっつだいじょう】

義太夫節演奏家。大坂の塗物問屋に生まれる。11歳から浄瑠璃を始め,三味線ひきを志したが,その美声を認められ,太夫となった。すぐれた才能と品位ある端正な演奏態度により,明治期における名人として有名。
→関連項目竹本大隅太夫豊沢団平

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本摂津大掾 たけもと-せっつのだいじょう

1836-1917 幕末-大正時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天保(てんぽう)7年3月15日生まれ。義太夫節。3代野沢吉兵衛に三味線をならい,5代竹本春太夫に入門,初名は南部太夫。2代竹本越路太夫(こしじだゆう)をつぎ江戸で人気をえる。大坂にもどり,明治16年文楽座の櫓下(やぐらした)。36年6代春太夫を襲名し,摂津大掾を受領(ずりょう)した。3代竹本大隅太夫(おおすみだゆう)とともに明治義太夫界の双璧(そうへき)といわれた。大正6年10月9日死去。82歳。大坂出身。本名は二見金助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たけもとせっつのだいじょう【竹本摂津大掾】

1836‐1917(天保7‐大正6)
義太夫節の太夫。本名二見金助。大坂順慶町に生まれる。初名吉太郎。5歳のとき大工の棟梁二見伊八の養子となり,亀次郎と名乗る。11歳から3世鶴沢清七について三味線を習い,1858年(安政5),5世竹本春太夫に入門して竹本南部太夫となる。60年(万延1)には3世野沢吉兵衛と江戸へ下り,2世竹本越路太夫を相続。3年後に大坂へ戻って文楽座へ出演し,たちまち頭角を現して,83年に櫓下(やぐらした)となる。1903年1月に6世竹本春太夫を襲名,5月に摂津大掾を受領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たけもとせっつだいじょう【竹本摂津大掾】

1836~1917) 義太夫節の太夫。大阪生まれ。五世竹本春太夫の門弟。初め南部太夫、のち二世越路こしじ太夫、六世春太夫を継いだ。1903年(明治36)受領して摂津大掾藤原愛純なるすみと名乗った。美声で艶物つやものを得意とした。明治期の代表的名人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹本摂津大掾
たけもとせっつのだいじょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竹本摂津大掾の言及

【浄瑠璃素人講釈】より

…政界の黒幕と目された杉山茂丸は義太夫節を熱愛した。竹本摂津大掾,3世竹本大隅太夫,絃阿弥から聞いた話をもとに,義太夫芸の伝承,とくに〈風(ふう)〉の追求を通じ,古典芸術としての地位を確立せしめようとした。全部で84段の浄瑠璃ごとに,風にふれつつ,逸話や実際の語り方を述べるうちに,義太夫の芸の本質を明らかにした。…

【艶物】より

…したがって美音の太夫が優艶に感情をこめて語ることになる。竹本摂津大掾などこうした場面を語るのを得意とする太夫を艶物語り,艶語りと称する。また,三味線も優しくきれいな音色で弾くことが要求される。…

※「竹本摂津大掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹本摂津大掾の関連キーワード時代浄瑠璃竹沢権右衛門(5代)竹本弥太夫(6代)鶴賀鶴吉(5代)鶴沢清七(6代)鶴沢文蔵(5代)名見崎徳治(7代)本多利実十寸見河東(11代)十寸見蘭洲(6代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹本摂津大掾の関連情報