コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山茂丸 すぎやましげまる

3件 の用語解説(杉山茂丸の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

杉山茂丸【すぎやましげまる】

政治家。号は其日庵。夢野久作の父。福岡藩士の家に生まれる。1880年上京し,佐々友房により頭山満らと親交。日本の対外膨張政策に共鳴し,日清戦争南満州鉄道会社や台湾銀行の設立,韓国併合など裏面での暗躍が知られ,伊藤博文松方正義山県有朋をはじめ政界・財界・軍人と親交を結び,黒幕として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山茂丸 すぎやま-しげまる

1864-1935 明治-昭和時代前期の国家主義者。
元治(げんじ)元年8月15日生まれ。夢野久作の父。玄洋社の頭山満(とうやま-みつる)と親交をむすぶ。つねに政界首脳と接触をたもち,その黒幕として活躍。南満州鉄道創設,韓国併合などにもかかわった。昭和10年7月19日死去。72歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。号は其日庵(そのひあん)。著作に「百魔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すぎやましげまる【杉山茂丸】

1864‐1935(元治1‐昭和10)
明治・大正・昭和期の政治家。其日庵と号する。福岡藩士の家に生まれ,ルソーの《社会契約論》で自由民権の思想にふれる。1880年大志を抱いて上京する。佐々友房を介して頭山満を知り,国権論者として歩みはじめる。89年大隈重信外相襲撃事件に連座して投獄される。結城虎五郎,荒尾精らと日本の朝鮮・中国への進出を策し,南満州鉄道株式会社創設や,日韓併合の裏面で暗躍する反面,博多湾築港,関門海底トンネル事業など,郷土開発のために尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の杉山茂丸の言及

【浄瑠璃素人講釈】より

…義太夫節の芸論書。杉山茂丸(其日庵)著。1926年刊。…

※「杉山茂丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杉山茂丸の関連キーワード広田執中北海道新幹線元治山階宮安藤厳水市川文蔵大庭二郎加門桂太郎川田正澂山本東次郎(2代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉山茂丸の関連情報