コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井きを あさい きを

2件 の用語解説(浅井きをの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井きを あさい-きを

1759-? 江戸時代中期-後期の心学者。
宝暦9年生まれ。幕府御家人の妻。天明年間(1781-89)に中沢道二(どうに)の参前舎にはいる。のち江戸城大奥などにまねかれ,心学をひろめる。道二の後継者中村徳水(とくすい)をみいだした。道二の口述を「道二翁前訓」(天明9年刊)にまとめた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浅井きを

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:宝暦9(1759)
江戸中・後期の心学者。江戸に開いた参前舎を拠点に広範な教化活動を行った心学者中沢道二の弟子。御家人浅井喜太郎の妻。夫婦共に熱心に心学に励み,寛政1(1789)年には,きをが参前舎での道二の道話『道二翁前訓』を聞き書きしている。同5年春ごろから,招かれて大奥の女性たちに心学の手引きをし,その後,紀州家,一橋家,田安家などの奥女中にも呼ばれて道話をし,こうした階層の女性たちへの心学の普及に貢献した。道二没後,69歳のとき,のちに参前舎の舎主となる中村徳水を見出し,道二直筆の書を送って激励した。<参考文献>石川謙『石門心学史の研究』,小杉巌「心学と女性」(『日本女性文化史』下)

(関民子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅井きをの関連キーワード植松自謙大島有隣都鄙問答道話近藤名洲慈恩尼柴田游翁志村天目平野橘翁矢口来応

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone