浅利香津代(読み)あさり かづよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅利香津代 あさり-かづよ

1944- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和19年8月11日生まれ。42年劇団新人会にはいり,50年前進座にうつる。55年水上勉の「釈迦内柩唄(しゃかないひつぎうた)」で秋田弁によるひとり芝居を演じ,芸術祭優秀賞。59年からフリーとなり,映画,テレビでも活躍。63年井上ひさしの「雪やこんこん」で紀伊国屋演劇賞。秋田県出身。日大卒。本名は和子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅利香津代の関連情報