コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅水波 せんすいは

海の事典の解説

浅水波

水深が波長に比べて十分小さい場合の水面を伝わる重力波。浅海波、長波とも言う。位相波速は波長・周期によらず、水深だけで決まり、gを重 力の加速度、hを水深として、√(gh)で与えられる。この式は水深が波長の百分の一以下で1%、二十分の一以下で5%以下の誤差で成り立つ。波高が小さければ水粒子の軌道は波の進行方向の水平 直線往復運動となる。浅水波の仮定の基では、形を変えずに伝わる有限振幅の波は、段波だけで周期的な非線型波は存在しない。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんすい‐は【浅水波】

波長に比べて水深が十分浅い水面を伝わる波。海の波の場合、浅海波ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

浅水波の関連キーワード重力波(水の)無限小振幅波

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android