コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅海養殖 せんかいようしょく

1件 の用語解説(浅海養殖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅海養殖
せんかいようしょく

内湾,内海域など比較的静穏な浅海域を利用して行う養殖内水面養殖あるいは海面漁業に対する言葉として使われる。一定の海水面において人工施設を施して水産動植物の種苗を積極的に採取し,または人工的に生産し,これを集約的に育成,管理して収獲する事業で,はまち,たいなどの魚類養殖,帆立貝,かきなどの貝類養殖,のり,わかめなどの海草類養殖,伊勢えび,車えびなどの水産動物養殖などの食用養殖のほか,真珠養殖が含まれ,養殖種類は 60種に達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅海養殖の関連キーワード汚濁負荷量水塊備後灘フェリーボート海域A 海域沿岸海域戦闘艦海域公園パイレーツ/掠奪海域混合水域

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅海養殖の関連情報