コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅見与七 あさみ よしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅見与七 あさみ-よしち

1894-1976 大正-昭和時代の園芸学者。
明治27年3月12日生まれ。昭和7年母校東京帝大の教授となる。園芸学会会長,学術会議委員などをつとめた。昭和51年11月6日死去。82歳。岐阜県出身。著作に「果樹栽培汎論」「鶏肋」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の浅見与七の言及

【農学】より

…篤農荻原豊次の保温折衷苗代の創出は,水稲苗研究の端緒になり,塩入松三郎の水田脱窒現象の発見と全層施肥法の考案は,現代の水田土壌化学への出発点となり,寺尾博らの水稲の冷温による被害の研究は,今日の水稲生理・生態実験の嚆矢(こうし)ともいうべきものとなった。浅見与七が果樹研究へ実験的手法を取り入れたことも見落とせない。 日本の農学発展の第2の契機は,第2次世界大戦中から終戦後10年近い期間における食糧不足であった。…

※「浅見与七」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浅見与七の関連キーワード昭和時代大正

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android